小倉百人一首辞典

かから始る歌一覧(4句)

百人一首 4句を歌番号順に掲載しています。

6番歌かささぎの 渡せる橋に おく霜の 白きをみれば 夜ぞふけにける
かさ しろきをみれば よぞふけにける
中納言家持(男)
48番歌風をいたみ 岩うつ波の おのれのみ くだけて物を 思ふころかな
かぜを くだけてものを おもふころかな
源重之(男)
51番歌かくとだに えやはいぶきの さしも草 さしもしらじな もゆる思ひを
かく さしもしらじな もゆるおもひを
藤原実方朝臣(男)
98番歌風そよぐ ならの小川の 夕ぐれは みそぎぞ夏の しるしなりける
かぜそ みそぎぞなつの しるしなりける
従二位家隆(男)