小倉百人一首辞典

はから始る歌一覧(4句)

百人一首 4句を歌番号順に掲載しています。

2番歌春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山
はるす ころもほすてふ あまのかぐやま
持統天皇(女)
9番歌花の色は うつりにけりな いたづらに わが身よにふる ながめせしまに
はなの わがみよにふる ながめせしまに
小野小町(女)
67番歌春の夜の 夢ばかりなる 手枕に かひなくたたむ 名こそをしけれ
はるの かひなくたたむ なこそをしけれ
周防内侍(女)
96番歌花さそふ 嵐の庭の 雪ならで ふりゆくものは わが身なりけり
はなさ ふりゆくものは わがみなりけり
入道前太政大臣(男)