小倉百人一首辞典

4字決まりの歌一覧(6句)

百人一首 6句を歌番号順に掲載しています。

19番歌難波潟 みじかき蘆の ふしのまも あはでこの世を すぐしてよとや
なにはが あはでこのよを すぐしてよとや
伊勢(女)
29番歌心当てに 折らばや折らむ 初霜の おきまどはせる 白菊の花
こころあ おきまどはせる しらぎくのはな
凡河内躬恒(男)
42番歌ちぎりきな かたみに袖を しぼりつつ 末の松山 波こさじとは
ちぎりき すゑのまつやま なみこさじとは
清原元輔(男)
68番歌心にも あらでうき世に ながらへば 恋しかるべき 夜半の月かな
こころに こひしかるべき よはのつきかな
三条院(男)
75番歌ちぎりおきし させもが露を いのちにて あはれ今年の 秋もいぬめり
ちぎりお あはれことしの あきもいぬめり
藤原基俊(男)
88番歌難波江の 蘆のかりねの ひとよゆゑ みをつくしてや 恋ひわたるべき
なにはえ みをつくしてや こひわたるべき
皇嘉門院別当(女)