小倉百人一首辞典

秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ我が衣手は 露にぬれつつ

あきのたの かりほのいほの とまをあらみわがころもでは つゆにぬれつつ

天智天皇の歌
天智天皇 男

現代訳

秋の田の側につくった仮小屋に泊まってみると、屋根をふいた苫の目があらいので、その隙間から忍びこむ冷たい夜露が、私の着物の袖をすっかりと濡らしてしまっているなぁ。

天智天皇(てんじてんのう)の紹介

天智天皇(てんちてんのう / てんじてんのう、推古34年(626年)- 天智天皇10年12月3日(672年1月7日))は第38代天皇(在位:天智天皇7年1月3日(668年2月20日) - 10年12月3日(672年1月7日))。和風諡号は天命開別尊(あめみことひらかすわけのみこと / あまつみことさきわけのみこと)。一般には中大兄皇子(なかのおおえのおうじ / なかのおおえのみこ)として知られる。「大兄」とは、同母兄弟の中の長男に与えられた皇位継承資格を示す称号で、「中大兄」は「二番目の大兄」を意味する語。諱(実名)は葛城(かづらき/かつらぎ)。漢風諡号である「天智天皇」は、代々の天皇の漢風諡号と同様に、奈良時代に淡海三船によって撰進され、「殷最後の王である紂王の愛した天智玉」から名付けられたと言われる。

wikipediaで天智天皇について調べる

「秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ」の覚え方

3字決まり

タグ


  次の歌(2番歌)