小倉百人一首辞典

これやこの 行くも帰るも わかれてはしるもしらぬも 逢坂の関

これやこの ゆくもかへるも わかれてはしるもしらぬも あふさかのせき

蝉丸の歌
蝉丸 坊主

現代訳

これがあの有名な、(東国へ)下って行く人も都へ帰る人も、ここで別れてはまたここで会い、知っている人も知らない人も、またここで出会うという逢坂の関なのだなあ。

蝉丸(せみまる)の紹介

蝉丸(せみまる、生没年不詳)は、平安時代前期の歌人、音楽家。古くは「せみまろ」とも読む。

wikipediaで蝉丸について調べる

「これやこの 行くも帰るも わかれては」の覚え方

2字決まり

タグ


前の歌(9番歌)  次の歌(11番歌)