小倉百人一首辞典

天つ風 雲のかよひ路 吹きとぢよをとめの姿 しばしとどめむ

あまつかぜ くものかよひぢ ふきとぢよをとめのすがた しばしとどめむ

僧正遍昭の歌
僧正遍昭 坊主

現代訳

空吹く風よ、雲の中にあるという(天に通じる)道を吹いて閉じてくれないか。(天に帰っていく)乙女たちの姿を、しばらくここに引き留めておきたいから。

僧正遍昭(そうじょうへんじょう)の紹介

遍昭(へんじょう、弘仁7年(816年) - 寛平2年1月19日(890年2月12日))は、平安時代前期の僧・歌人。俗名は良岑 宗貞(よしみね の むねさだ)。桓武天皇の子である大納言・良岑安世の八男。母は光孝天皇の乳母とする説がある。子に素性法師がいる。六歌仙および三十六歌仙の一人。官位は従五位上・左近衛少将。花山僧正とも号す。小倉百人一首などでは僧正遍昭。

wikipediaで僧正遍昭について調べる

「天つ風 雲のかよひ路 吹きとぢよ」の覚え方

3字決まり

タグ

六歌仙,三十六歌仙


前の歌(11番歌)  次の歌(13番歌)