小倉百人一首辞典

みちのくの しのぶもぢずり 誰ゆゑにみだれそめにし 我ならなくに

みちのくの しのぶもぢずり たれゆゑにみだれそめにし われならなくに

河原左大臣の歌
河原左大臣 男

現代訳

奥州のしのぶもじずりの乱れ模様のように、私の心も(恋のために)乱れていますが、いったい誰のためにこのように思い乱れているのでしょう。 (きっとあなたの所為に違いありません)

河原左大臣(かわらのさだいじん)の紹介

源 融(みなもと の とおる、弘仁13年(822年) - 寛平7年8月25日(895年9月21日))は、嵯峨天皇の十二男。侍従、右衛門督、大納言などを歴任。極位極官は従一位左大臣に至り、また六条河原院を造営したことから、河原左大臣(かわらのさだいじん)と呼ばれた。死後正一位を追贈されている。

wikipediaで河原左大臣について調べる

「みちのくの しのぶもぢずり 誰ゆゑに」の覚え方

2字決まり

タグ


前の歌(13番歌)  次の歌(15番歌)