小倉百人一首辞典

立ちわかれ いなばの山の 峰に生ふるまつとし聞かば いまかへりこむ

たちわかれ いなばのやまの みねにおふるまつとしきかば いまかへりこむ

中納言行平の歌
中納言行平 男

現代訳

あなたと別れて(因幡の国へ)行くけれども、稲葉の山の峰に生えている松のように、あなたが待っていると聞いたなら、すぐにも都に帰ってまいりましょう。

中納言行平(ちゅうなごんゆきひら)の紹介

在原 行平(ありわら の ゆきひら、弘仁9年(818年) - 寛平5年7月19日(893年9月6日))は、平安時代前期の歌人・公卿。平城天皇の第一皇子である弾正尹・阿保親王の次男(または三男)。在原業平の兄。官位は正三位・中納言。在中納言・在民部卿とも呼ばれた。小倉百人一首では中納言行平。

wikipediaで中納言行平について調べる

「立ちわかれ いなばの山の 峰に生ふる」の覚え方

2字決まり

タグ


前の歌(15番歌)  次の歌(17番歌)