小倉百人一首辞典

春過ぎて 夏来にけらし 白妙の衣ほすてふ 天の香具山

はるすぎて なつきにけらし しろたへのころもほすてふ あまのかぐやま

持統天皇の歌
持統天皇 女

現代訳

もう春は過ぎ去り、いつのまにか夏が来てしまったようですね。香具山には、あんなにたくさんのまっ白な着物が干されているのですから。

持統天皇(じとうてんのう)の紹介

持統天皇(じとうてんのう、大化元年(645年) - 大宝2年12月22日(703年1月13日))は、日本の第41代天皇。実際に治世を遂行した女帝である(称制:朱鳥元年9月9日(686年10月1日)、在位:持統天皇4年1月1日(690年2月14日) - 持統天皇11年8月1日(697年8月22日))。諱は鸕野讚良(うののさらら、うののささら)。和風諡号は2つあり、『続日本紀』の大宝3年(703年)12月17日の火葬の際の「大倭根子天之廣野日女尊」(おほやまとねこあめのひろのひめのみこと)と、『日本書紀』の養老4年(720年)に代々の天皇とともに諡された「高天原廣野姫天皇」(たかまのはらひろのひめのすめらみこと)がある(なお『日本書紀』において「高天原」が記述されるのは冒頭の第4の一書とこの箇所のみである)。漢風諡号、持統天皇は代々の天皇とともに淡海三船により、熟語の「継体持統」から持統と名付けられたという。

wikipediaで持統天皇について調べる

「春過ぎて 夏来にけらし 白妙の」の覚え方

3字決まり

タグ


前の歌(1番歌)  次の歌(3番歌)