小倉百人一首辞典

今こむと いひしばかりに 長月の有明の月を まちいでつるかな

いまこむと いひしばかりに ながつきのありあけのつきを まちいでつるかな

素性法師の歌
素性法師 坊主

現代訳

「今すぐに行きましょう」とあなたがおっしゃったので、(その言葉を信じて) 九月の長い夜を待っていましたが、とうとう有明の月が出る頃を迎えてしまいました。

素性法師(そせいほうし)の紹介

素性(そせい、生年不詳 - 延喜10年(910年)?)は、平安時代前期から中期にかけての歌人・僧侶。桓武天皇の曾孫。遍照(良岑宗貞)の子。俗名は諸説あるが、一説に良岑玄利(よしみねのはるとし)。 三十六歌仙の一人。

wikipediaで素性法師について調べる

「今こむと いひしばかりに 長月の」の覚え方

3字決まり

タグ

三十六歌仙,秋,恋


前の歌(20番歌)  次の歌(22番歌)