小倉百人一首辞典

吹くからに 秋の草木の しをるればむべ山風を 嵐といふらむ

ふくからに あきのくさきの しをるればむべやまかぜを あらしといふらむ

文屋康秀の歌
文屋康秀 男

現代訳

山風が吹きおろしてくると、たちまち秋の草や木が萎れてしまうので、きっと山風のことを「嵐(荒らし)」いうのだろう。

文屋康秀(ふんやのやすひで)の紹介

文屋 康秀(ふんや の やすひで、生年不詳 - 仁和元年(885年)?)は、平安時代前期の歌人。文琳とも。縫殿助・文屋宗于または大舎人頭・文屋真文の子。子に文屋朝康がいる。官位は正六位上・縫殿助。六歌仙・中古三十六歌仙の一人。

wikipediaで文屋康秀について調べる

「吹くからに 秋の草木の しをるれば」の覚え方

1字決まり

タグ

六歌仙,秋


前の歌(21番歌)  次の歌(23番歌)