小倉百人一首辞典

このたびは ぬさもとりあへず 手向山もみぢのにしき 神のまにまに

このたびは ぬさもとりあへず たむけやまもみぢのにしき かみのまにまに

菅家の歌
菅家 男

現代訳

今度の旅は急いで発ちましたので、捧げるぬさを用意することも出来ませんでした。しかし、この手向山の美しい紅葉をぬさとして捧げますので、どうかお心のままにお受け取りください。

菅家(かんけ)の紹介

菅原 道眞(すがわら の みちざね / みちまさ / どうしん、承和12年6月25日(845年8月1日) - 延喜3年2月25日(903年3月26日))は、日本の平安時代の貴族、学者、漢詩人、政治家。参議・菅原是善の三男。官位は従二位・右大臣。贈正一位・太政大臣。

wikipediaで菅家について調べる

「このたびは ぬさもとりあへず 手向山」の覚え方

2字決まり

タグ


前の歌(23番歌)  次の歌(25番歌)