小倉百人一首辞典

みかの原 わきて流るる いづみ川いつみきとてか 恋しかるらむ

みかのはら わきてながるる いづみがはいつみきとてか こひしかるらむ

中納言兼輔の歌
中納言兼輔 男

現代訳

みかの原を湧き出て流れる泉川よ、(その「いつ」という言葉ではないが) その人をいつ見たといっては、恋しく思ってしまう。本当は一度たりとも見たこともないのに。

中納言兼輔(ちゅうなごんかねすけ)の紹介

藤原 兼輔(ふじわら の かねすけ、元慶元年(877年) - 承平3年2月18日(933年3月21日))は、平安時代中期の公家・歌人。藤原北家、右中将・藤原利基の六男。官位は従三位・中納言。また賀茂川堤に邸宅があったことから堤中納言とよばれた。三十六歌仙の一人。小倉百人一首では中納言兼輔。

wikipediaで中納言兼輔について調べる

「みかの原 わきて流るる いづみ川」の覚え方

3字決まり

タグ


前の歌(26番歌)  次の歌(28番歌)