小倉百人一首辞典

山里は 冬ぞさびしさ まさりける人目も草も かれぬと思へば

やまざとは ふゆぞさびしさ まさりけるひとめもくさも かれぬとおもへば

源宗行朝臣の歌
源宗行朝臣 男

現代訳

山里はいつの季節でも寂しいが、冬はとりわけ寂しく感じられる。尋ねてくれる人も途絶え、慰めの草も枯れてしまうのだと思うと。

源宗行朝臣(みなもとのむねゆきあそん)の紹介

源 宗于(みなもと の むねゆき、生年不詳 - 天慶2年11月22日(940年1月9日))は、平安時代前期から中期にかけての官人・歌人。光孝天皇の皇子是忠親王の子。娘に閑院大君がいる。官位は正四位下・右京大夫。三十六歌仙の一人。

wikipediaで源宗行朝臣について調べる

「山里は 冬ぞさびしさ まさりける」の覚え方

3字決まり

タグ

三十六歌仙,冬


前の歌(27番歌)  次の歌(29番歌)