小倉百人一首辞典

有明の つれなく見えし 別れよりあかつきばかり うきものはなし

ありあけの つれなくみえし わかれよりあかつきばかり うきものはなし

壬生忠岑の歌
壬生忠岑 男

現代訳

あなたと別れたあの時も、有明の月が残っていましたが、(別れの時のあなたはその有明の月のようにつれないものでしたが) あなたと別れてからというもの、今でも有明の月がかかる夜明けほどつらいものはありません。

壬生忠岑(みぶのただみね)の紹介

壬生 忠岑(みぶ の ただみね、貞観2年(860年)頃 - 延喜20年(920年)頃)は、平安時代前期の歌人。三十六歌仙の一人。

wikipediaで壬生忠岑について調べる

「有明の つれなく見えし 別れより」の覚え方

3字決まり

タグ

三十六歌仙,恋


前の歌(29番歌)  次の歌(31番歌)