小倉百人一首辞典

朝ぼらけ 有明の月と見るまでに吉野の里に 降れる白雪

あさぼらけ ありあけのつきと みるまでによしののさとに ふれるしらゆき

坂上是則の歌
坂上是則 男

現代訳

夜が明ける頃あたりを見てみると、まるで有明の月が照らしているのかと思うほどに、吉野の里には白雪が降り積もっているではないか。

坂上是則(さかのうえのこれのり)の紹介

坂上 是則(さかのうえ の これのり、生年不詳 - 延長8年(930年))は、平安時代前期から中期にかけての官人・歌人。右馬頭・坂上好蔭の子。子に望城がいる。官位は従五位下・加賀介。三十六歌仙の一人。

wikipediaで坂上是則について調べる

「朝ぼらけ 有明の月と見るまでに」の覚え方

6字決まり

タグ

三十六歌仙,冬


前の歌(30番歌)  次の歌(32番歌)