小倉百人一首辞典

白露に 風の吹きしく 秋の野はつらぬきとめぬ 玉ぞ散りける

しらつゆに かぜのふきしく あきののはつらぬきとめぬ たまぞちりける

文屋朝康の歌
文屋朝康 男

現代訳

(草葉の上に落ちた) 白露に風がしきりに吹きつけている秋の野のさまは、まるで糸に通してとめてない玉が、美しく散り乱れているようではないか。

文屋朝康(ふんやのあさやす)の紹介

文屋 朝康(ふんや の あさやす、生没年不詳)は、平安時代中期の歌人。六歌仙・中古三十六歌仙の一人縫殿助文屋康秀の子。子に康永がいる。従六位下・大舎人大允。

wikipediaで文屋朝康について調べる

「白露に 風の吹きしく 秋の野は」の覚え方

2字決まり

タグ


前の歌(36番歌)  次の歌(38番歌)