小倉百人一首辞典

恋すてふ 我が名はまだき 立ちにけり人しれずこそ 思ひそめしか

こひすてふ わがなはまだき たちにけりひとしれずこそ おもひそめしか

壬生忠見の歌
壬生忠見 男

現代訳

わたしが恋をしているという噂が、もう世間の人たちの間には広まってしまったようだ。人には知られないよう、密かに思いはじめたばかりなのに。

壬生忠見(みぶのただみ)の紹介

壬生 忠見(みぶ の ただみ、生没年不詳)は平安時代中期の歌人である。壬生忠岑の子。初めは名多、後に忠実、さらに忠見と改めた。父とともに三十六歌仙の一人に数えられる。官位は正六位上・伊予掾。

wikipediaで壬生忠見について調べる

「恋すてふ 我が名はまだき 立ちにけり」の覚え方

2字決まり

タグ

三十六歌仙,恋


前の歌(40番歌)  次の歌(42番歌)