小倉百人一首辞典

由良のとを 渡る舟人 かぢをたえゆくへも知らぬ 恋の道かな

ゆらのとを わたるふなびと かぢをたえゆくへもしらぬ こひのみちかな

曽禰好忠の歌
曽禰好忠 男

現代訳

由良の海峡を渡る船人が、かいをなくして、行く先も決まらぬままに波間に漂っているように、わたしたちの恋の行方も、どこへ漂っていくのか思い迷っているものだ。

曽禰好忠(そねのよしただ)の紹介

曽禰 好忠(そね の よしただ、生没年不詳)は、平安時代中期の歌人。出自については未詳。中古三十六歌仙の一人。官位は六位・丹後掾。長く丹後掾を務めたことから曾丹後(そたんご)とも曾丹(そたん)とも称された。

wikipediaで曽禰好忠について調べる

「由良のとを 渡る舟人 かぢをたえ」の覚え方

2字決まり

タグ


前の歌(45番歌)  次の歌(47番歌)