小倉百人一首辞典

風をいたみ 岩うつ波の おのれのみくだけて物を 思ふころかな

かぜをいたみ いはうつなみの おのれのみくだけてものを おもふころかな

源重之の歌
源重之 男

現代訳

風がとても強いので、岩に打ちつける波が、自分ばかりが砕け散ってしまうように、(あなたがとてもつれないので) わたしの心は (恋に悩み) 砕け散るばかりのこの頃です。

源重之(みなもとのしげゆき)の紹介

源 重之(みなもと の しげゆき、生年未詳 - 長保2年(1000年)頃?)は、平安時代中期の歌人。清和天皇皇子貞元親王の子である従五位下源兼信の子。子に有数・為清・為業・宗親・源重之女がいた。伯父の参議源兼忠の養子。官位は従五位下・筑前権守。三十六歌仙の一人。

wikipediaで源重之について調べる

「風をいたみ 岩うつ波の おのれのみ」の覚え方

3字決まり

タグ

三十六歌仙,恋


前の歌(47番歌)  次の歌(49番歌)