小倉百人一首辞典

奥山に もみぢふみわけ なく鹿の声聞く時ぞ 秋はかなしき

おくやまに もみぢふみわけ なくしかのこゑきくときぞ あきはかなしき

猿丸太夫の歌
猿丸太夫 男

現代訳

奥深い山の中で、(一面に散りしいた)紅葉をふみわけて鳴いている鹿の声を聞くときは、この秋の寂しさが、いっそう悲しく感じられることだ。

猿丸太夫(さるまるだゆう)の紹介

猿丸大夫(さるまるのたいふ / さるまるだゆう)とは、三十六歌仙の一人。生没年不明。「猿丸」は名、大夫とは五位以上の官位を得ている者の称。

wikipediaで猿丸太夫について調べる

「奥山に もみぢふみわけ なく鹿の」の覚え方

2字決まり

タグ

三十六歌仙,秋


前の歌(4番歌)  次の歌(6番歌)