小倉百人一首辞典

かくとだに えやはいぶきの さしも草さしもしらじな もゆる思ひを

かくとだに えやはいぶきの さしもぐささしもしらじな もゆるおもひを

藤原実方朝臣の歌
藤原実方朝臣 男

現代訳

これほどまで、あなたを思っているということさえ打ち明けることができずにいるのですから、ましてや伊吹山のさしも草が燃えるように、私の思いもこんなに激しく燃えているとは、あなたは知らないことでしょう。

藤原実方朝臣(ふじわらのさねかたあそん)の紹介

藤原 実方(ふじわら の さねかた)は、平安時代中期の貴族・歌人。左大臣・藤原師尹の孫、侍従・藤原定時の子。中古三十六歌仙の一人。

wikipediaで藤原実方朝臣について調べる

「かくとだに えやはいぶきの さしも草」の覚え方

2字決まり

タグ


前の歌(50番歌)  次の歌(52番歌)