小倉百人一首辞典

あけぬれば 暮るるものとは 知りながらなほうらめしき 朝ぼらけかな

あけぬれば くるるものとは しりながらなほうらめしき あさぼらけかな

藤原道信朝臣の歌
藤原道信朝臣 男

現代訳

夜が明ければ、やがてはまた日が暮れてあなたに会えるものだと分かってはいても、やはりあなたと別れる夜明けは、恨めしく思われるものです。

藤原道信朝臣(ふじわらのみちのぶあそん)の紹介

藤原 道信(ふじわら の みちのぶ)は、平安時代中期の公家・歌人。太政大臣・藤原為光の三男。中古三十六歌仙の一人。

wikipediaで藤原道信朝臣について調べる

「あけぬれば 暮るるものとは 知りながら」の覚え方

2字決まり

タグ


前の歌(51番歌)  次の歌(53番歌)