小倉百人一首辞典

めぐりあひて 見しやそれとも わかぬまに雲がくれにし 夜半の月かな

めぐりあひて みしやそれとも わかぬまにくもがくれにし よはのつきかな

紫式部の歌
紫式部 女

現代訳

久しぶりにめぐり会ったのに、それがあなたかどうかも分からない間に帰ってしまうなど、まるで (早くも) 雲に 隠れてしまった夜中の月のようではありませんか。

紫式部(むらさきしきぶ)の紹介

紫式部(むらさきしきぶ、生没年不詳)は、平安時代中期の女性作家、歌人。『源氏物語』の作者と考えられている。中古三十六歌仙、女房三十六歌仙の一人。『小倉百人一首』にも「めぐりあひて 見しやそれとも わかぬまに 雲がくれにし 夜半の月かな」で入選。

wikipediaで紫式部について調べる

「めぐりあひて 見しやそれとも わかぬまに」の覚え方

1字決まり

タグ


前の歌(56番歌)  次の歌(58番歌)