小倉百人一首辞典

やすらはで 寝なましものを さ夜ふけてかたぶくまでの 月を見しかな

やすらはで ねなましものを さよふけてかたぶくまでの つきをみしかな

赤染衛門の歌
赤染衛門 女

現代訳

(あなたが来ないと知っていたら) さっさと寝てしまえばよかったものを、(あなたの約束を信じて待っていたら) とうとう明け方の月が西に傾くまで眺めてしまいました。

赤染衛門(あかぞめえもん)の紹介

赤染衛門(あかぞめえもん、天暦10年(956年)頃? - 長久2年(1041年)以後)は、平安時代中期の女流歌人。大隅守・赤染時用の娘。中古三十六歌仙・女房三十六歌仙の一人。

wikipediaで赤染衛門について調べる

「やすらはで 寝なましものを さ夜ふけて」の覚え方

2字決まり

タグ


前の歌(58番歌)  次の歌(60番歌)