小倉百人一首辞典

朝ぼらけ 宇治の川霧 絶え絶えにあらはれわたる 瀬々の網代木

あさぼらけ うぢのかはぎり たえだえにあらはれわたる せぜのあじろぎ

権中納言定頼の歌
権中納言定頼 男

現代訳

ほのぼのと夜が明けるころ、宇治川に立ちこめた川霧が切れ切れに晴れてきて、瀬ごとに立っている網代木が次第にあらわれてくる景色は、何ともおもしろいものではないか。

権中納言定頼(ごんちゅうなごんさだより)の紹介

藤原 定頼(ふじわら の さだより)は平安時代中期の公家・歌人。権大納言・藤原公任の長男。中古三十六歌仙の一人。小倉百人一首では権中納言定頼。

wikipediaで権中納言定頼について調べる

「朝ぼらけ 宇治の川霧 絶え絶えに」の覚え方

6字決まり

タグ


前の歌(63番歌)  次の歌(65番歌)