小倉百人一首辞典

さびしさに 宿を立ち出でて ながむればいづくもおなじ 秋の夕ぐれ

さびしさに やどをたちいでて ながむればいづくもおなじ あきのゆふぐれ

良選法師の歌
良選法師 坊主

現代訳

寂しくて家を出てあたりを眺めてはみたが、この秋の夕暮れの寂しさはどこも同じであるものだ。

良選法師(りょうぜんほうし)の紹介

良暹(りょうぜん、生没年不詳)は、平安時代中期の僧・歌人。

wikipediaで良選法師について調べる

「さびしさに 宿を立ち出でて ながむれば」の覚え方

1字決まり

タグ


前の歌(69番歌)  次の歌(71番歌)