小倉百人一首辞典

高砂の をのへのさくら さきにけりとやまのかすみ たたずもあらなむ

たかさごの をのへのさくら さきにけりとやまのかすみ たたずもあらなむ

前権中納言匡房の歌
前権中納言匡房 男

現代訳

高砂の峰にも桜の花が咲いたようだから、(その桜を見たいので) 手前の山の霞よ、どうか立たないようにしてくれないか。

前権中納言匡房(さきのごんちゅうなごんまさふさ)の紹介

大江 匡房(おおえ の まさふさ)は、平安時代後期の公卿、儒学者、歌人。大学頭・大江成衡の子。官位は正二位・権中納言。江帥ごうのそつと号す。藤原伊房・藤原為房とともに白河朝の「三房」と称された。小倉百人一首では前中納言匡房。

wikipediaで前権中納言匡房について調べる

「高砂の をのへのさくら さきにけり」の覚え方

2字決まり

タグ


前の歌(72番歌)  次の歌(74番歌)