小倉百人一首辞典

淡路島 かよふ千鳥の 鳴く声に幾夜ねざめぬ 須磨の関守

あはぢしま かよふちどりの なくこゑにいくよねざめぬ すまのせきもり

源兼昌の歌
源兼昌 男

現代訳

淡路島から通ってくる千鳥の鳴き声に、幾晩目を覚ましたことであろうか、この須磨の関の関守は…。

源兼昌(みなもとのかねまさ)の紹介

源 兼昌(みなもと の かねまさ、生没年不詳)は、平安時代中期から後期にかけての歌人・官人。宇多源氏で、美濃介・源俊輔の子。子に昌快、前斎院尾張がいる。官位は従五位下・皇后宮少進。

wikipediaで源兼昌について調べる

「淡路島 かよふ千鳥の 鳴く声に」の覚え方

3字決まり

タグ


前の歌(77番歌)  次の歌(79番歌)