小倉百人一首辞典

ほととぎす 鳴きつる方を ながむればただありあけの 月ぞ残れる

ほととぎす なきつるかたを ながむればただありあけの つきぞのこれる

後徳大寺左大臣の歌
後徳大寺左大臣 男

現代訳

ほととぎすの鳴き声が聞こえたので、その方に目をやってみたが、(その姿はもう見えず) 空には有明の月が残っているばかりであった。

後徳大寺左大臣(ごとくだいじさだいじん)の紹介

徳大寺 実定(とくだいじ さねさだ)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての公卿・歌人。右大臣・徳大寺公能の長男。官位は正二位・左大臣。後徳大寺左大臣(ごとくだいじの さだいじん)として知られる。

wikipediaで後徳大寺左大臣について調べる

「ほととぎす 鳴きつる方を ながむれば」の覚え方

1字決まり

タグ


前の歌(80番歌)  次の歌(82番歌)