小倉百人一首辞典

世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる

よのなかよ みちこそなけれ おもひいるやまのおくにも しかぞなくなる

皇太后宮大夫俊成の歌
皇太后宮大夫俊成 男

現代訳

世の中というものは逃れる道がないものだ。(この山奥に逃れてきたものの) この山奥でも、(辛いことがあったのか) 鹿が鳴いているではないか。

皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶしゅんぜい)の紹介

藤原 俊成(ふじわら の としなり)は、平安時代後期から鎌倉時代初期の公家・歌人。名は有職読みで「しゅんぜい」とも読む。藤原北家御子左流、権中納言・藤原俊忠の子。はじめ葉室家に養子に入り藤原(葉室) 顕広(あきひろ)を名乗ったが、後に実家の御子左家に戻り改名した。法名は釈阿。最終官位は正三位・皇太后宮大夫。『千載和歌集』の編者として知られる。

wikipediaで皇太后宮大夫俊成について調べる

「世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る」の覚え方

5字決まり

タグ


前の歌(82番歌)  次の歌(84番歌)