小倉百人一首辞典

夜もすがら 物思ふころは 明けやらで閨のひまさへ つれなかりけり

よもすがら ものおもふころは あけやらでねやのひまさへ つれなかりけり

俊恵法師の歌
俊恵法師 坊主

現代訳

一晩中恋しい人を思って悩んでいるので、早く夜が明けたらよいと思っているのですが、なかなか夜は明けず、寝室の隙間さえもわたしにつれなく感じられます。

俊恵法師(しゅんえほうし)の紹介

俊恵(しゅんえ、永久元年(1113年) - 建久2年(1191年)頃?)は、平安時代末期の僧・歌人。父は源俊頼。母は橘敦隆の娘。早くに東大寺の僧となり、俊恵法師とも呼ばれる。

wikipediaで俊恵法師について調べる

「夜もすがら 物思ふころは 明けやらで」の覚え方

2字決まり

タグ


前の歌(84番歌)  次の歌(86番歌)