小倉百人一首辞典

花の色は うつりにけりな いたづらにわが身よにふる ながめせしまに

はなのいろは うつりにけりな いたづらにわがみよにふる ながめせしまに

小野小町の歌
小野小町 女

現代訳

花の色もすっかり色あせてしまいました。降る長雨をぼんやりと眺めいるうちに。 (わたしの美しさも、その花の色のように、こんなにも褪せてしまいました)

小野小町(おののこまち)の紹介

小野 小町(おの の こまち、生没年不詳)は、平安時代前期9世紀頃の女流歌人。六歌仙、三十六歌仙、女房三十六歌仙の一人。

wikipediaで小野小町について調べる

「花の色は うつりにけりな いたづらに」の覚え方

3字決まり

タグ

六歌仙,三十六歌仙,春


前の歌(8番歌)  次の歌(10番歌)