小倉百人一首辞典

み吉野の 山の秋風 さ夜ふけてふるさと寒く 衣うつなり

みよしのの やまのあきかぜ さよふけてふるさとさむく ころもうつなり

参議雅経の歌
参議雅経 男

現代訳

吉野の山の秋風に、夜もしだいに更けてきて、都があったこの里では、衣をうつ砧(きぬた)の音が寒々と身にしみてくることだ。

参議雅経(さんぎまさつね)の紹介

飛鳥井 雅経(あすかい まさつね)は、平安時代末期から鎌倉時代前期の公家・歌人。刑部卿・難波頼経の次男。二条または明日香井を号す。飛鳥井家の祖。小倉百人一首では参議雅経。

wikipediaで参議雅経について調べる

「み吉野の 山の秋風 さ夜ふけて」の覚え方

2字決まり

タグ


前の歌(93番歌)  次の歌(95番歌)