小倉百人一首辞典

こぬ人を まつほの浦の 夕なぎに焼くやもしほの 身もこがれつつ

こぬひとを まつほのうらの ゆふなぎにやくやもしほの みもこがれつつ

権中納言定家の歌
権中納言定家 男

現代訳

どれほど待っても来ない人を待ち焦がれているのは、松帆の浦の夕凪のころに焼かれる藻塩のように、わが身も恋い焦がれて苦しいものだ。

権中納言定家(ごんちゅうなごんていか)の紹介

藤原 定家(ふじわら の さだいえ)は、鎌倉時代初期の公家・歌人。諱は「ていか」と音読みされることが多い。小倉百人一首の撰者で権中納言定家を称する。

wikipediaで権中納言定家について調べる

「こぬ人を まつほの浦の 夕なぎに」の覚え方

2字決まり

タグ


前の歌(96番歌)  次の歌(98番歌)