小倉百人一首辞典

人もをし 人もうらめし あぢきなく世を思ふゆゑに 物思ふ身は

ひともをし ひともうらめし あぢきなくよをおもふゆゑに ものおもふみは

後鳥羽院の歌
後鳥羽院 男

現代訳

人が愛しくも思われ、また恨めしく思われたりするのは、(歎かわしいことではあるが) この世をつまらなく思う、もの思いをする自分にあるのだなぁ。

後鳥羽院(ごとばいん)の紹介

後鳥羽天皇(ごとばてんのう)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての第82代天皇(在位:寿永2年8月20日(1183年9月8日) - 建久9年1月11日(1198年2月18日))。諱は尊成(たかひら・たかなり)。

wikipediaで後鳥羽院について調べる

「人もをし 人もうらめし あぢきなく」の覚え方

3字決まり

タグ


前の歌(98番歌)  次の歌(100番歌)